calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
        

☆メディア掲載情報☆



自転車専門誌【BiCYCLE CLUB】温泉ライド企画「もがいて入浴!温泉ステージライド」

自転車専門ポータルサイト【Cyclist】コラム「チャリガールmocoのガールズトーク」

自転車専門ムック【Randonneur】体験記「ブルベ始めました」

archives

スポンサーサイト☆

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.04.10 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

充実したホスピタリティヾ(〃^∇^)ノ♪ツール・ド・八ヶ岳!!☆

あいあい

どうもでございます

実に半月以上、ブログを放置しておりましたです
元気ですので、ご心配なさらず

あいあい

mocoです

ワタクシ、あまり器用な方じゃないので、何かを考え続ける作業をしている間は、他の事が全くもって手につかないのです…
はい…
ようやく、少し落ち着いてきたところ
そして、ようやく、足パン状態から回復してきました

今夜は、回復ローラーしるかな

って事で、先日、14日に開催された「ツール・ド・八ヶ岳」に参加してきました
初めて参加したこの大会でしたが、標高が高い所までぐんぐん上って行ったので、すんごい寒かった


走った事の無いコースなので、ペース配分の目安は心拍数のみ
前半はおさえ気味でね
っという、仲間からのアドバイス通り、びゅ〜んっとスタートダッシュをする周りを横目に、のんびり目に走りました

結果は35歳以下、6位
う〜
目標の先輩とは4分程も開きがあったよ…


今考えたら、前半もう少し頑張れたかな〜
パワーメーターはつけてなかったので、はっきりした数値は分からなかったけど
Stravaでは、Ave power が156wしかなかった
心拍数は、max193bpm, Ave 183 でした
心拍ベースでは、187越えちゃったら、意識してペースを落とす感じで走り続けました
脚よりも、先に心拍が悲鳴を上げてしまう体質を何とかせねばっ

まぁ、色々考えると、凄く楽しかったので、OKっ

やっぱり、沢山の人数でお山をよいしょと走るのは楽しいね
沿道で、寒い中を、小さい手を振って応援してくれた子ども達が、とても可愛かった
途中で「頑張ってくださいっ」って声を掛けてくれた人も何人かいて、嬉しかった

上に行くほど、残雪がもりもり多くなってきて
ゴールでは、1mを越えるほどの雪壁がコースの脇を圧迫していて、凄い景色だったよ
そんな中に、夏用ジャージでアーム&レッグウォーマー無しで挑んだので、超寒かった
ま、暑くなりすぎて集中力が低くなるよりは良かったかな

距離は24Kmと長いですが、ダンシングでクリアしなくちゃいけない程の激坂はほとんど無いので、じっくり上るには楽しいコースだと思います

そして、何より嬉しくて楽しかったのが、その充実したホスピタリティ
会場で盛り上げてくれた、佐久穂町商工会の青年部が、見事でした

「この地を訪れた人全員に楽しんでもらいたい」
 
そんな気持ちが、皆さんの表情にはっきり、くっきり表れていました


今回一緒に参加した友達も、レースはもちろんだけど、それよりもレース後のじゃんけん大会が楽しみとの事でした
私も、初参加でしたが、その豪華な景品に驚き

ありがとう佐久穂町の皆さん
なめこ汁も、なめこ盛りだくさんすぎて美味しかった
ご当地ゆるきゃらのしらかばちゃん、可愛かったよ


昨夜は、しらかばちゃんが体を張って作り上げてくれた、入賞記念品の白樺のまな板で
八ヶ岳の雪ノ下で耐えた、甘みの強いほうれん草を切って
標高800m以上でないと実がつかない花豆の甘煮を食べながら
じゃんけん大会でもらった、野沢菜漬けでビールを飲みました

お家に帰って、戦利品をあれこれ見るのも超楽しい
こういう、あたたかいおもてなしの大会は、またみんなで参加したいと思う



【ツール・ド・八ヶ岳 2013】
走行距離:24.1km
獲得標高:1309m
消費カロリー:788kcal
タイム:1:37:55



そして、実は一番楽しかったのが
前泊した宿の女子部屋でのガールズトークでした
翌日にレースを控えているのを忘れてしまいそうなほどだった
あのままずっと飲み語りしていたい衝動だったよ〜
仲良くなれて、色々話が聞けて、とても深い夜でした

男子は、ずっと自転車話で盛り上がるけど
女子は、自転車だけじゃなくて、恋バナとかダイエットとか美肌とか、色々話したいことがいっぱいあるから、時間がどれだけあっても足りないのだっ

そんな、女子だけワイワイトーク&ライドも企画したいな〜

それじゃ〜、またね

plyture.....


moco

にほんブログ村 自転車ブログへ⇐ランキングに参加していますぽちっとヨロシク( ゚ー゚)/゚*゙:¨*;.・';゙:..・☆







ジェットコースターみたいな恐怖でした!!「新東名Cycle Fes.」☆

あいあい

どうも〜

今日はすっかりいいお天気で、気持ちの良い1日ですね〜


さて。

昨日、「一生に一度記念すべきライド」という、魅力的なうたい文句の新東名Cycle Fes.に参加してきましたょっと

実は、このイベント、前の週にマラソン大会が開催されていて、熱中症で10人も倒れるとか、運営に不手際が見られるなど、ニュースとしても取り上げられていたイベントでした。






ま〜。

そんな事もあってか、翌週の自転車レースに参加する私の気持ちは、少々心配な思いを拭い去れないまま、レース当日を迎えたのでした


はて。

レースはというと、私は、レディース95Kmに臨んだのですが、エントリーリストを見ると89名いましたね

リストには実業団でよくお名前を見かける選手も何人もいて、会場でもご挨拶を

やっぱり、一緒にレースを走ったことのある選手を見かけると、どこか安心します


注目は、日本競輪学校の女子選手が16人もエントリーしていた事
彼女たちがどんな展開を見せるのか、ちょっとワクワクでした


夜明けとともに受付を開始し、ゼッケンをチームメイトのにゃ〜様につけていただき、準備完了
ゼッケンこちょこちょプレイをしばし楽しむなど。。。





気温はとても冷たかったのですが、レースが始まれば、きっと暑くなっちゃうんだろうな〜

と思い、ウィンブレを脱いで、夏用ジャージにウォーマーという出で立ちで、軽くウォーミングアップを済ませスタートラインへ


むぅ。

95Kmのレース、長丁場だな〜。ボトルは2本セットした、補給は背中に…

……

なぬっ

背中に入れたはずの補給が無い、まさかのウィンブレの中に置き去り…

ドジっこMOCO登場…


にわかに焦って、不安いっぱいで、時間もいっぱいで…


そこに、ちょうど通りかかった男子チームメイトのミポさんに、助けを求めたの

M「ミポさ〜ん。補給って持ってますか?もし、私、うっかり忘れちゃって〜

ミ「ん!?95Kmでしょ!? 補給なんて必要無いよ

M「まじっすか 大丈夫かな〜

ミ「大丈夫だって。 心配ないよ


む〜

ミポさんは、私達のチームのエース

そのエースの仰るお言葉なら、間違いないだろうっ

ご飯は3時間前に、普通に食べた。 普通に… 普通におにぎり2個…


省エネ走行を心に決め、よ〜いどんっ




10Km 辺りまでは、特に何の展開もなく、富士山を見ながら団子でちょろちょろ

20Kmを過ぎたころ、下り基調もあってか、にわかに集団のスピードが上がる
私は、集団後方から、皆さんの走りを観察しながら、前走者の動きに注意して走りました

30Kmに差し掛かったころから、橋のつなぎ目の道路の凸凹が出現

ガコンっ

ガコンっ

そのたびに手段は一旦ばらけ、スピードを落とし、また、まとまった集団になり

4回目の凸凹で衝撃を受けた選手がふらつき、コース脇に設置された三角コーンに激突、落車

ガシャンっ

ガシャンっ ガシャンっ

ギャ〜っ

何人か巻き込んで、悲鳴をあげて飛んで行った。

視線の端で確認した状況では、競輪ちゃんがいたと思う。


マジかよ…

コースは真っ直ぐで広いといっても、建設中の為、コーンで道幅を制限していたりして、突然狭くなっていたりして、危険を感じましたね。

先ほどの落車では、自分も巻き込まれていてもおかしくなかった


続きを読む >>

| 1/1PAGES |