calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
        

☆メディア掲載情報☆



自転車専門誌【BiCYCLE CLUB】温泉ライド企画「もがいて入浴!温泉ステージライド」

自転車専門ポータルサイト【Cyclist】コラム「チャリガールmocoのガールズトーク」

自転車専門ムック【Randonneur】体験記「ブルベ始めました」

archives

スポンサーサイト☆

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.04.10 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

激坂峠を越えて「あの花」から「なつまち」へo(*^▽^*)o~♪ アニメの舞台を巡る200Km走行会に参加しましたっ☆☆

あいあい mocoです
手の指のグローブ焼けが大変なことになりつつあります
フルフィンガーにしようかしら
今更ですが…

張り切って書いているこのブログですが、更新のモチベが下がってますが、楽しく書いているので、ぼちぼち続けていきますよ〜っと 
グスン、グスン…

って事で、先日、シクロツーリスト&ランドヌール編集長が企画した
小諸200Kmトライアル走行会に参加してきましたよ〜

オフィシャルのブルベではないので、参加された皆さんも、どこかゆるゆるとした感じに見受けられました

今回の走行会のテーマは「あの花」と「なつまち」というアニメの舞台になった場所を巡るライドでした

 

早朝4時半。
池袋サンシャインに集合&ブリーフィング
5時に小諸へ向けて出発〜

都内を抜けるまでに、信号に沢山引っかかって、ちょっと大変な出だしでした
50Kmを過ぎたあたりから、ようやく車通りも少なくなり、走りやすくなりました

 

今回は、ブルベ初挑戦のお友達、ゆ〜こさんと、旦那さんも一緒だったので、のんびり楽しく
公式のブルベでは無かったので、時間を気にする事なく走れたので、気持ち的には余裕があったな〜

 

日本の田舎は、こんな感じのところが多いです
私の実家も、こんな感じ

似たような風景の場所が多い場所は、なかなか記憶に留めておくのが難しいのよね
そして、いつの間にか

「あれ!?ここって、走ったことあるよな〜

って、感じで1つ目の峠が始まってました


1ヵ月半ぶりの山伏峠
前回上った時より、湿度が低く、強度も高くなかったので、すっきり攻略できました

そして、秩父突入〜
アニメ「あの花」の舞台となった秩父です
内容をちゃんと把握していなかった私は、他の参加メンバーの方に色々お聞きし、ふむふむ

 

いえ〜いっ
めんまちゃんとの2ショット

他にも、あの花ゆかりの神社や、橋などなど巡りました
ちょっろっと脇道をそれて、冒険をおつまみするライドも楽しいよね〜っ

そして、次なる峠、埼玉県と群馬県との県境にある志賀坂峠を目指します
ここも、1ヵ月半ぶり2度目


やっぱり、1度走った事のある峠は、先の見通しが感覚的にわかるので、楽になるよね
志賀坂峠は、やや勾配がきつくなるあたりから、距離6km、平均5.7%
森の中を走るので、直射日光がそんなに注がないので走ってて楽しかった


 

ずず〜いっと下り
見通しが良く、真っ直ぐで広く、勾配もさほどきつくない下り坂は大好きですっ
ひゃっほ〜っ

快調、快調っ

そして、気が付けば上野村へ
上州やまびこ街道、道が綺麗で走りやすいっ
眼下に見える清流も、透き通ってて涼やか〜っ

本当にこの日は、気温もそこまで熱風な訳でも無く、湿度も低かったので、走りやすい

ちょっと残念だったのが、上野村の峠のうどん屋「藤屋」さんに立ち寄れなかったことかな…
11時半開店で、1日限定40食の、知る人ぞ知るうどん屋さん
麺類大好きな私としては、かなり気になっていたところでしたが、ルートから3km程外れ、登坂先にあるので、時間的に厳しくて断念…

次こそは食べたいっ

いよいよ、本日の激辛メインディッシュへGO

【矢弓沢林道】です
なんと、距離5kmで、平均勾配が11.3%
一瞬の下りがあるものの、峠の頂上までは距離10Km

平均で11.3%って事は、14%、15%の登坂が容赦なく襲いかかります
とにかく、前半の5kmが、異常にキツイっ

激坂で知られる、富士山のあざみラインは、距離11.4Kmで平均勾配が10.1%。
和田峠が、距離3.3Kmで平均勾配が11.1%

これらと比較していただくと、その酷さは想像していただけることでしょう…

 

今朝、東京の池袋を出発したのに、気が付けば、こんなところまで上りつめちゃったわけです
やっほ〜って言っても、応えてくれるのは山猿くらいでしょう…
ああ、なつかしき東京…

 

ま〜、今回も30Tのスプロケ&軽量ホイールで走ったので、何とか足つきはせず、攻略っ
ブルベ初挑戦のゆ〜こさんも、足つきせずに激坂攻略っ

思えば遠くまで、高くまで、走って来ちゃったもんですねぇ
本当に〜

なぜ、こんな激坂を走る事になったかというと…
本来の国道299号線が、落石、崩落による通行止め…
やむを得ず、距離は半分だけど、その分勾配も2倍の激坂林道を走る事になったんですね

これも、企画者、田村さんのおもてなしって事でしょうか


この、迂回路図の赤線が矢弓沢林道です
黒いのが国道299号ね

一瞥しただけでも、う回路と299号の距離差はハッキリしていますよね…
ひょえ〜っ 大変な林道でした


 

激辛メインディッシュを攻略したら、あとは、ずば〜っと下り基調
しか〜し、最後のPCで、皆様タイムアウトが発覚
多分、寄り道して、色々遊び過ぎたからでしょう…

正規のブルベではないので、特に気にせず、親睦飲み会に間に合うようにはしろ〜っと
そもそも、19時からの親睦会の予定だったので、あまり早く着きすぎても、時間を持て余してしまうので、ちょうど良き時間に合わせて到着しておこうという算段でした(言い訳)


ブルベ初参加&初200Km越えを達成された、青木夫妻
ブルベに挑戦すゆ〜こさんを心配して、一緒に付き合ってくれたそうです
荷物も、ゆ〜こさんの分までバイク&身体にしっかり巻きつけて、優しい旦那様ですっ

 

今回の幹事、お疲れ気味の田村さん
親睦会でも、ちょっぴり緊張しているようでした

私たちは、小諸駅で宿をとれなかったので、飲み会の後輪行して、中軽井沢の宿へGO
また、あした〜
おやすみなさ〜い
これから乗る後ろの電車も、アニメが描かれています

そんなこんなで、アニメに始まり、アニメに終わった、一風変わった走行会
超楽しかったですっ

企画された田村さん、主催のランドヌ東京の皆様、ありがとう&お疲れ様でした〜
写真を沢山取ってくれて、お世話役も買って出てくれたしんさん、ありがとうございました
一緒に参加された皆さんも、道中和気あいあいとお話できてとても楽しかったです




走ったルートはこんな感じ
往復ではなく、1wayのライドなので、な、なんと池袋から小諸まで行けちゃうんですね
200Kmって、やっぱり遠いのね

【走行距離】201Km
【獲得標高】2842m
【最標高】 1355m
【消費カロリー】2572cal


じゃ〜、またね

plyture.....


moco
にほんブログ村 自転車ブログへ⇐ランキングに登録しています。ぽちっと応援ヨロシクです( ゚ー゚)/゚*゙:¨*;.・';゙:..・☆ 


DNFに終わった【スーパーアタック奥志賀400】 〜無事にお家に帰るまでがブルベです〜☆

どもども

mocoです
今回参加したブルベ、BRM629埼玉400Km【スーパーアタック奥志賀】参戦記です

なんのこっちゃよく分からない方は、´△鬚發掘△茲蹐靴韻譴于砲弔屬靴砲任盡ていただけると幸いです
はい。。。



そんなこんなで、国道最高地点になんとか到着し、渋峠も攻略っ
ここまでの獲得標高3600m程
富士山越えてる〜


これで、今回のメインディッシュは平らげたという事ですな
ペロリ

限界に近いお尻のご機嫌をとりながら、一気に下り、志賀高原目指してGO
ひゃ〜っ
下りは気持ちいいね〜っ

途中、スキー場を活用してトレイルランの大会もやっていたりして、アスリート達で山は賑やか

次はPC2のキャンプ場を目指す
ん〜、制限時間が微妙になってきた

そして、お尻が限界に近い…
どうしよっか…
レーパンの縫い目がこすれて痛いから、レーパンが無ければ…
いやいや、それはいかんでしょっ

考えた末、現在対応できる措置として、お尻をラップで保護してみるという戦法に出た
レストハウスのトイレで、お尻にラップをペチっと貼ってみる


レーパンを履いて、再度ペダリング
おっ
意外に調子いいかもしんないっ

っと思ったのも束の間、ペダリングする度に徐々にずれていき、くちゃっとなって邪魔なだけでした…


ふぅ…

とりあえず、PC2までは時間的にも問題無く到着できるから、目指してみよう

気を取り直して走り出す
奥志賀高原の山深き白樺の群生に一瞬癒されるも、頭の中は、「お尻痛い…」でいっぱい
ふぅ…

使い古したレーパンで来るべきだったなぁ…

しょぼ〜んと一人で走っていると、突然のスコール
ザバ〜っと雨が降る中、残り10KmほどのPC2までの距離をどうしようか考えながら少し走り、靴下がちょっと濡れたから、止まって脚をビニール袋で覆って応急処置

そして、この日は、超級山岳に備えて、軽量カーボンホイールを使用
この雨でブレーキの効きが弱くなる…
危ないな…

大きな木の下で雨宿り

高原の雨は冷たい
身体も濡れて冷えてしまったら大変

ついでにレインポンチョも着ておこうと思って、サドルバッグをごそごそしてたら、

「雨止んでるよ〜っ

って、走りゆく参加者の方から教えていただきました

ふぅ…

一瞬で止んでるじゃん


あと5KmでPC2

この5Kmが凄く長く感じましたね〜
もう、サドルに座りたくない
それを腕に力を乗せて逃がすようにしてしまったので、肩も痛くなってきた

ん〜、何とか楽しく走れる方法は無いものか

高原の景色を眺めながらきょろきょろして走っていると、道の片隅に動物の大きな糞を発見

もしかして、これって熊かな

熊が出るって言ってたよな〜

辺りを見回しても他の自転車乗りは誰もいない…
こんな山奥で、熊に遭遇したら猛ダッシュで逃げるしかない…

そんな事を想像して、何とかお尻から意識をずらそうとして、静かな高原を抜けようやくPC2に到着〜

制限時間までは20分程余裕がある状態でのPC2到着でしたが、ここで、今回のブルベはやめる事にしました


時間貯金がほとんど無い状態で、眠気と戦いながら、時間を気にしながらでは危ないし
なにより、無理してこのままサドルの上に居続けたら、お尻が本当に一皮剥けてしまいそうだ…
電車も無い、宿も無い、街灯も無い、安全に休憩できる時間も無い、夜間の走行を控えた状態でを考えると、現在の私の心は満身創痍でした

取り返しのつかない状態になる前に、自分と向き合って判断するのも、ブルベ
無事にお家に帰りつくまでがブルベです


DNFを宣言した後は、時間の許す限りSTO氏を待ってみる事に
待っている間にも、落車でのバイク損傷や、怪我だったり、膝の痛みを訴え、DNFを宣言する人達が…

皆さん、私と考えは同じ
今の状態で完走できる可能性は、自分の中にどの位あるのか


残念ながら、ここでDNFと選択した、「あかんかった同盟」
これまでを振り返って、スーパーアタックの半端なさを語り、お互いを労いました

スタッフの方からお菓子を頂き、次々に通過する雄姿をお見送りし、一休み
しか〜し、待てど暮らせど、STO氏が来ない

制限時間をあきらめて、他のルートで帰宅を目指しているのかなぁ
携帯の電波も入らないから、状況が確認できない
大丈夫かなぁ・・・・・

いや、きっと、PC2を目指して頑張って走り続けているはずだっ

帰りの電車の時間が気になりだした頃、ヘロヘロになったSTO氏がPC2に到着
良かったあ〜
無事に会えたっ


そこからは、「あかんかった同盟」みんなで、【飯山駅】という最寄駅を目指して走る
最寄駅とはいえ、PC2からは25Km程の距離

小さな駅は、まだSuicaの使えないローカル線

ブルベって、DNFすると、もれなくローカル線の旅がついてくるんだよ

って教えていただきました

ブルベからのローカル線の旅
電車内はもちろん、しっかり寝させていただきました〜

こういう状況を想定して、ブルベにはバリバリの自転車ウェアじゃなく、街にも馴染めるウェアが良いですよね

って、思って、今回導入したレーパンがアダとなったわけですが…


未知なる世界は、未知のままに終わった400Kmブルベでした
また、挑戦したいですっ


完走された皆様、おめでとうございましたっ
今回、身をもって、みなさんの上手さ、強さを実感いたしました

わたしも、いつか、そちらの世界を味わってみたいです
周りからは、無理しない方が良いという言葉も沢山もらいますが、
これ以上無理できないという範囲を自分で決定できるのがブルベ

無事にお家に帰りつくまでがブルベですもんね


お尻はまだ少しヒリヒリしているけれど、楽しかった〜

じゃ〜、またね

plyture.....


moco

にほんブログ村 自転車ブログへ⇐ランキングに参加していますぽちっとヨロシク( ゚ー゚)/゚*゙:¨*;.・';゙:..・☆

DNFに終わった【スーパーアタック奥志賀400】◆ 遡技にお家に帰るまでがブルベです〜☆

あいあい

どうもでございます
先日参加してきた【BRM629埼玉400】スーパーアタック奥志賀参戦記の続きです


北軽井沢の郵便局裏ベンチですやすや眠らせてもらったあと、ようやくPC1に到着〜

前回の西上州300の時は、仮眠後に元気になって、調子に乗ってかっ飛ばし、その後すぐにヘタレるという感じだったので、落ち着いて走る

PC1では、制限時間までの時間貯金は約1時間半
マイペースで走ってきたけど、ちょっとのんびり過ぎたのかなぁ

コンビニで買ったもの
・ブラックコーヒー、ジュース500ml、オニギリ ▲僖鶚

そんなにのんびりしていられない事に気づき、パンを背中に入れて、やや先を急ぐ

もうねぇ、甘いのが良いとは分かっているけど、口が飽きてきたの…


いよいよ、渋峠アタック開始だ〜っ

っとその前に、前回の西上州でお世話になった、とりさん達がコンビニで一息ついているの発見〜
思わず吸い寄せられちゃいました
がっしり強そうなんだけど、もの静かで優しい感じのタフネスとりさん
ベテランのとりさん達が、ココにいるって事は、時間的にもそんなに焦る必要ないんだね
安心〜

コンビニで買ったもの
・から揚げ君、お水1ℓ


今回は、とにかくしっかり補給を入れながら走る事を課題にしたので、ここではから揚げ君をmgmg
 
前回は序盤から食欲の無い状態に陥ったけど、今回は何でも食べたい気持ち
元気って事ですねっ

登坂を前に、から揚げなんて…
い〜んです、食べたいものをおいしく食べて、楽しく走るっ

っと、ココで、またしても前回の西上州でご一緒したライト満点のライトさんと遭遇〜


長い道中で、知った顔に出会えると、妙に嬉しくなっちゃうんだよね〜
そして、経験豊富な方と一緒になれた事で、さらに安心


いよいよ、渋峠アタックへGO

ま〜、これも長いし、きついですわ

渋峠はこれで2回目
前回は雑誌バイシクルクラブの撮影で走りました

KOMまでは約30Km標高は2170m
富士五合目と高さはそんなに変わらない高さまで走ります

森林限界も越え、草津温泉の硫黄がもわもわガスを吹いている危険地帯も越え、万年雪もさらに越え

景色は最高っ
思えば、良く上って来たもんです

ライトさんとお話ししながら楽しく上る
しか〜し、徐々にお尻の痛みがひどくなってくる…

ダンシングを多用して、お尻休めの時間が長くなる
“お尻の耐用時間がlowです”
っと、ガーミンの液晶に度々表示されるように… 冗談ですが…((笑))
ワセリン塗ったのに、ヒリヒリして、お尻ちゃんが可愛そう。。

頂上まではまだまだ長い
だけど、シッティングで上り続けるには限界が来てる〜

え〜い、ちょっと休憩だっ
自転車下りて、押しながら歩く事1分…
やっぱり、自転車下りるとつまんない

再度跨り、ペダルを回す
お尻痛い
ダンシング
レーパンの縫い目をずらしてみる

これの繰り返し…

お尻をカバーしながら走り続けた為、肩も痛くなってくる
いや〜、参ったねぇ、これは…

新しく買ったレーパンとはいえ、50kmを2回程走って調子が良いので、今回採用したけれど、まだまだ駄目だったか…

やっとの思いで、国道最高地点に到着

やった〜
ここから下りっぱなしだ〜
「お尻浮かせられる〜っ
私の頭はこればかり…

そして、いよいよ奥志賀を目指すのです


次に続く…


moco

にほんブログ村 自転車ブログへ⇐ランキングに参加していますぽちっとヨロシク( ゚ー゚)/゚*゙:¨*;.・';゙:..・☆



DNFに終わった【スーパーアタック奥志賀400】  遡技にお家に帰るまでがブルベです〜☆

あいあい

どうもでございます
先日のBRM629埼玉400「スーパーアタック奥志賀」は本当に、スーパーでございました

結果は、自分からDNFを宣言し、途中リタイヤというカタチを取りました…
情けなくってスミマセン…


ま〜、敗因はたった一つなんですが、その一つが色々に影響していってしまったって感じなんですけどね。。。


私が探し出したのが遅かったんだけど、スタート会場周辺には宿が全く空いておらず、位結局終電でスタート会場のホテルへと向かう選択にしました
15Km自走で考えたらいくつかあったけど、スタート時間や迷うリスクを考えたら、どっちもどっちかな〜

終電の越生行きは、中野坂上から22時22分が最終
早い…
知らない場所までの輪行だから、ちょっと早めに22時の電車で出発〜
越生着は0時8分
自転車組み立てて会場へ〜

ほとんど眠れていないまま、私のスタートは4時、受付が3時20分
まだ真っ暗な空のもと行われたブリーフィングでは、「熊が出たとの情報…
もし、遭遇してしまったら、どうすりゃいいんでしょうねぇ


お見送りに来てくれた千葉スタッフのしんさんから、安全運転の御守をいただく
これで、きっと、事故にはあいませんねっ
ありがとうっ
行ってきま〜す

偶然同じブルベにエントリーしていたSTO氏と、ゆるゆる一緒にスタート
STO氏はかなり大きなリュックを背負って走るとの事で、みんなから心配されていました

スタート直後から、みんな、かなり良いペースでビュンビュン走って行っちゃいます

私は、前回の西上州のうさぎさん走法を反省し、始終たんたんとかめさん走法で行くと決めていたので、最初から省エネモード

るんるん気分で走っていたら、道でおばちゃんが
「いってらっしゃい」って声掛けてくれた〜
超嬉しいっ

朝だねっ
爽やかな朝〜っ

そして、今回は食い溜めを少なくするべく、常にモグモグ先方を取り入れてみようと、キャラメルを20個背中に入れて、ポイポイ食べながら走ってみた
口の中があまあまになり、すぐに嫌になる…

最初のPCは116Km先
70Km辺りでちょっと空腹感を覚えたので、STO氏には先行してもらいコンビニへチェックイン

・おにぎり1個 ジュース500ml

てれてれ走り続け、STO氏と再会〜
「眠いから、木陰で昼寝してから行く」と告げると、
寝顔を撮影するというので、焦ってSTO氏をかわして必死に先を急ぐ…

この「スーパーアタック奥志賀」スーパーというだけあって、400Kmの距離に対して、獲得標高が6300mを越える、超級山岳ブルベ
私はそれを良く知らないまま、400Kmに挑戦したいという気持ちだけで、このブルベにエントリーしてしまったのです

こちらが前半240Kmまでのコースです


まずは、1つ目のKOM【二度上峠】
安中の辺りから30Km以上、上り続ける

この日の為に、スプロケを30Tに変更していたので、遠慮なく使用
疲労を蓄積しないように、くるくる回し続けるのだ〜っ

しかし、眠い…
やむおえず決定した、終電輪行の影響が早くも出てきたよぅ
周りの木々を眺め、山鳥のさえずりを聞きながら楽しく走っていても、仮眠できそうな場所をついつい探してしまう

ちょっとお尻が痛くなってきたので、木陰に隠れてワセリン塗り塗り

KOMまではあと7Km
ここで、お家からトップチューブに巻きつけてきた2個のマグナム羊羹中、1個をmgmg
デカすぎて、甘すぎて、気持ち悪くなった
最後の一口を押し込むのにかなり苦労したよ〜
我慢してごっくんして、ドリンクで口をさっぱりさせて、なんとか眠らずに【二度上峠】攻略


ここで、標高1390m
空は曇っていたけど、そんなに寒くない、一気に草津へ向けて下っちゃおう

ふぅ、ようやく四分の一かぁ
このままのペースで、落ち着いて走り続けようっ

しかし、眠い…
下りきってから、仮眠できそうな場所を探す

今日がお休みの、小さな郵便局の裏にベンチを発見
不審者と思われない様に、近くで農作業していたおじちゃんに「ちょっと休ませてくださいと告げ入眠〜

「ゆっくり休みなさいよ~」と温かい言葉をかけていただきました

20分のアラームをセットし、ウィンブレ枕にしてゴロンと横に
後頭部から吸い込まれるような感覚で、一瞬にして眠りに落ちた

爽やかな風
優しい空気
チロチロ鳴く鳥のさえずり

外でこうして寝る経験って、今まで無かったからねっ
しかも、眠くて眠くてしょうがない時に、バタっと寝られちゃう気持ち良さっ
耳栓も、アイマスクもここでは必要なかったな〜

いや〜、実にスッキリ目が覚めた
これから先の行程を忘れ、空を見つめぼ〜っとしていると、STO氏のクマ除けの鈴の音が

よしっ
STO氏を追いかけて、PC1で合流しよっと



長くなるので、前半はここまでです
また、後半で〜

じゃ〜、またね

plyture.....


moco

にほんブログ村 自転車ブログへ⇐ランキングに参加していますぽちっとヨロシク( ゚ー゚)/゚*゙:¨*;.・';゙:..・☆

 

ブルベ400Kmに備えて装備や補給食、仮眠時の注意点を考えましたっ!!!☆

あいあい

昨日の全日本自転車競技選手権大会、私はユーストで見ておりました
解像度が低かったためか、選手の表情までははっきり分からなかったけど、選手の皆さん、すごくキツそうでしたね〜っ

土井さんのブログを読んだら、レース中に何度も嘔吐していた。と…
他者と争う競技の場合は、具合悪いとか、お腹痛いとか、気持ち悪いとか、寝不足だったとか、そんな言い訳達が全くもって通用しない世界ですねっ

競技者魂、プロ根性をひけらかす訳でも無く、あえて、あっけらかんとしたニュアンスで書く事で、支えてくれている人達へ心配させまいとする感謝の気持ちが伝わって来たよ
実際にお会いしたことないけど、さっぱりした方なんでしょうね〜
好感持てましたっ

全日本選手権という舞台で闘われた全ての選手、お疲れ様でした
竹芝サイクルレーシングから紅一点、高山さんも出場してました
おっとこまえな女性だな〜と、いつも思うよ
あんな風に、風を切る勢いで、どんな物事にも突き進んでいる姿はカッコいいです

はてはて

私はというと、昨夜、今週末に控えたブルベの準備を少しずつ進めておりましたっ
初めての400Kmっ
スーパーアタックBRM629埼玉400です
無知の強みで、ぽちっとエントリーしてしまった400Kmのブルベ
スーパーアタックの意味を良く理解していなかったんですな…

【そんなキツイの、よっぽどの変態じゃないと、走ろうなんて思わないよ】

な〜んて、言われましたが…
そんな苦境に敢えて立ち向かう同志の皆さんと会えるのが楽しみです…


BRMは、完全に自己責任で対処できる範囲で完遂せねばなりません
ロングライドイベントや、レースのように、補給ポイントが設けられているわけでもなく、具合が悪くなった人の為に回収車が来てくれる、というような事もありません

それらすべて、【自分の責任で対処できる人だけに、参加資格がある】っという事なんですよね

【お腹空いても、具合悪くても、自転車壊れても、自分で何とか解決してね】って事


私にとって、ブルベは3回目なんだけど、この辺のツンデレ具合がブルベの魅力だな〜って思うんだよね〜

遠足に行く前の準備みたいな感じで、ワクワクするの

それに、答えだけを渡されて、計算式や、方程式を自分で作っていくような感じにも似ているかな

【27時間以内に決められたルート上を400Km走ってきてね

答えは以上
ペース配分から、装備、補給食、休憩ポイントなどなど、走る日の天候やコースレイアウトと総合して、自分なりに決めていくんだけど


まずは、これまでの私の経験した300Kmと全然違うところを想定して、装備を固めておかなくちゃな〜と思う訳です


twitterで、ぼそっと呟いたところ、親切に色々アドバイスをくれた方々のお話をもとに、こんな感じで準備進めてます


・虫よけシート
 (スプレータイプより、汗を拭きとしても一石二鳥なシートタイプを採用 前回、仮眠時に沢山蚊に刺されたからね)

・アイマスク
 (もし、明るい時間に急激な眠気が襲って来た時用)

・耳栓
 (これはもちろん、外部の音を遮って、仮眠の質を高める為)

・使い捨てマスク
 (夜間走行中、強力ライトに虫が寄ってきて走っていると吸い込んでしまうというアドバイスを頂きましたっ)

・Cyclistオリジナルのウェットティッシュ
 (何かと重宝しております)

・歯ブラシ
 (甘い補給食を食べ続けたりして、口が気持ち悪くなるでしょうし、気持ちのリフレッシュとしても使えるしね)

・キューシート&コマ図
 (少しでも風の抵抗を受けないようにする為、A5ではなく、B6サイズのクリアケースに無理やり詰めてます)


空気で膨らませる携帯枕も〜と思ったんですが、意外に嵩張っていたので、必要であればサドルバッグを外して代用できるから、いらないかな〜


これらを、効率よくパッキングして、小さく収納して、かつ、使用頻度の高そうなものとそうでないものに分けて、サドルバッグに入れる順番を考える

はてはて、こうやって準備を進めていくうちに、心も整っていくもんですね
想像力をフル活用して、如何に快適に400Kmという果てしない距離を楽しく走れるかを考えて、準備していく作業

自分の判断が、吉と出るか、凶と出るか、早く結果が分かるところも、ブルベの楽しいところですね

さ〜て、補給食は、どんなのも準備しようかな〜っと


じゃ〜、またね

plyture.......


moco

にほんブログ村 自転車ブログへ⇐ランキングに参加していますぽちっとヨロシク( ゚ー゚)/゚*゙:¨*;.・';゙:..・☆



| 1/1PAGES |